top of page

震災 子どもの不安に気付き、心をケアするには(パンフレット添付)


能登半島地震A4ペラ (002) 乳幼児精神保健学会
.pdf
Download PDF • 6.47MB

元旦の能登半島地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。

色々な状況で頑張る大人の中で、子どもたちも様々な不安を感じています。子どもたちの不安に早く気づき、受け止めてあげられるよう、乳幼児保健学会よりパンフレットを作成しました。大人の皆さんも、大変な状況ではありますが、身近な大人が子どもたちのsоsに気付き、安心感を与えてあげていただきたいです。

また、大人とともにボランティア活動に参加し頑張る小中高生などにも目を向けてほしい。頑張る傍ら、心の不安も抱えていることもあります。大人のことを考え、無理に元気にふるまっていることもあります。小さい子だけでなく、幅広い年代の子どもたちを気にかけて頂ければ。

1月20日の新聞赤旗にも、子どもの心のケアや遊びによっての気持ちの代弁について載っておりました。

最新記事

すべて表示

“勉強ばかりしてないで、もっと遊びなさい!”テーマのもと、八幡小でPTA主催講演会でした。

ななな・・なんだこのテーマは?びっくりされましたか?テーマのもと、しっかり講演してきました。 参加されたお母さん、お父さん、先生方はさっそくサソリの標本に声を上げてびっくり仰天!!じゃんけんから大盛り上がり。お話も、微笑みながらたくさんうなずいて耳を傾けてくださいました。皿回しにも挑戦!!リラックスしてくるくるっと回し中級皿に挑戦されるお母さんも。みなさん、子ども力・遊び力ムンムンだったのではない

被災地支援ミーティング

1月13日から、乳幼児精神保健学会の先生方とともに、被災地支援 JAIMH被災地委員会の会議を3回おこなってきました。3・11のときに郡山で行ってきた活動を活かし、その時活動してきた仲間の力も借りながら、また今回の被災地域の先生方とも協力しながら、子どもたち、家族のためにどんなことができるか?話し合いを進めております。3回目からは、現地の沼田先生も参加いただいております。 大きな被災地だけでなく、

bottom of page