皿回し遊びと科学と哲学 ① 歴史と科学

1、皿回しの皿はなぜ美しく回るのか

講演会で私が皿回しをしてみせると、「わーっ」という歓声が湧く。ふらふら回っていた 皿が、数秒後に棒の先で大地と平行に?「安定した形」で回り始めるのだ。 皿回しを講演に取り入れた当初は、皿回しはなぜか滑稽で面白いし、大人の心をにを童 心に戻す。それが私の講演のテーマ「遊び力」と「子ども力」にぴったりフィットしたのです。 でも、なぜフィットしたのか?ということを深くは考えなかったのです。 皿の形は○で、「回す」は動作です。まるい形の者で無ければ回すことは出来ません。こ れまで「皿を回す」という遊びによって生まれる「心理」や「関係性」によって生まれる「物語」 (ナラティブ)と「子育て支援」についてその成果について考えてきました。 なぜ、多くの人たちが「回す」、「回る」遊びに喜びを感じるのかについて、深く考えた事 はありませんでした。 そこで「歴史」と「科学」という視点で考える事にしました。

2、皿回しの歴史

私の皿回しの始まりは、ある大道芸人との出会いです。かれこれ 20 年前のこと。養護 学校の教員をしていた頃です。子どもと一緒に遊んだら、どの子も「はまる」。これはすご い。2004 年にNPOを創設してから講演に取り入れ「皿回し遊びのワークショップ付き講 演」は全国に広がることになりました。皿は講演後に爆発的に売れるようになりました。 仕入れは東京にある「ナランハ」という会社です。約 3 万枚販売しました。この会社の商 品名はプレート・スピニング(Plate spinning)となっています。 私は知りました。世界でもこの遊びがあったのだ。さらに検索すると、日本にも古代か らこの遊びがあったのだと分かりました。 皿回し(さらまわし、英語: Plate spinning)とは、指や棒、あるいは棒状の物(箸や キセルなど)の先端で皿や茶碗を回転させる技術や芸(曲芸)、そのための道具、ある いはその演者を指す。英語圏では、プレート・スピニング(Plate spinning)で、ジャグ リングの一種とされ、使用される皿をスピニングプレートと称する。皿を回したまま手 のひらや指、肩、腰、あごの上などでバランスをとる曲芸。

放下師は路上で皿回しをしている。日本の中世から近世にかけて大道芸をおこなって いた放下(ほうか)は烏帽子姿や僧形をなしていたが、江戸時代には俗人の手にうつり 、従来の曲芸ばかりではなく、大がかりな曲芸や手品を手がけるようになり、籠抜け や皿回しも演じるようになった[1]。一方で寄席演芸としてもおこなわれるようになり、 現在にいたっている[注釈 1]。こんにちでは大道芸として演じられることも多いが、中 国の雑技に由来する多数の皿 を回すもの、一本の棒で一枚の皿を回すもの、正座して 技術を競う競技などさまざまなスタイルがある。最近ではトスジャグリングを取りいれ たスタイルも登場している。 18 世紀以降、しだいに劇場からはすがたを消し、大道芸 に回帰していった放下は「辻放下」と呼称され、身分的には非人階級に属し、江戸浅草 の車善七の差配に服した。 (郡司正勝 「放下」『藝能辞典』 坪内博士記念演劇博物館(編)、東京堂出版、1953 年 3 月。ASIN B000JBAYH4。)

さらに、

3、皿回しの科学

検索すると。・・・ 皿回しの成り立たせているのは遠心力とジャイロ効果である。皿などを高速で回転さ せることによって遠心力がはたらき、皿と棒が垂直(皿と地面・床が水平)の状態を保 とうとする。さらに、皿が充分な速度で回転するようになると、皿の中心を棒などで支 えても回転状態を保ち、回転軸の方向を一定に保とうとする力がはたらく。これをジャ イロ効果という。この現象は、転がりつづけようとする独楽、ヨーヨ ー 硬貨(コイ ン)などで確認でき、また、自転車やオートバイなど二輪車の走行、、円盤式(回転式) ののこぎりなどでは、この力が利用される。

: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia) 「地球ごま」という独楽については、ある程度知識はあった。「地球ごま」の回転エネルギ ーは「航空機」になくてはならない、「共通科学」だとは知っていました。皿回しも、速度が 付くと、「地」と「静か」に、「バランス」をとり、「美しく」回ることが分かりました。 「回る」遊びやおもちゃは、回る姿の「美しさ」や、回せた「喜び」や「自信」が、子どもや大 人にも与えてきたのだと分かりました。

遊びはどこかで いつか 宇宙の真理とつながって行く 皿を回せば家庭が回る 家庭が回れば地域が回る 地域が回れば世界が回る

回る 回る 地球も回る