top of page

大人も子どもも思いっきり遊べた夏期講座

8月19日、三菱ふそうバス製造労働組合様の夏期講座、「大人にこそ必要な遊び力・子ども力」無事開催することができました。

講演を聴く傍ら、けん玉、筒ケン、皿回し、プラトンボ、様々な遊びTOOLで思いっきり遊ぶ子どもたち。それに負けじと、楽しくなって話の間も一生懸命皿を回す大人たち。

子ども心が蘇り、少年少女のようにワクワクしている姿、一つのことに集中して取り組む姿。きっと子ども力遊び力がさらに高まったことでしょう。

小さな子どもたちは、筒ケンの筒でロボットになりきったり、ボーリングをしたり、けん玉でボールを転がしたり、積み木をしたり・・遊びのTOOLから柔軟な発想で、遊びの発想を広げている姿にも驚きと微笑ましさがありました。


組合さんの企画のお菓子を掛けた皿回し選手権はとっても大盛り上がりでした。

皿回しにチャレンジしたこと、出来るようになったこと、遊びを通して色々な人とコミュニケーションして楽しかったこと、きっと夏休みのよい思い出となったと共に、どこか自信もついたのではないでしょうか。

最新記事

すべて表示

昨今、子育てや不登校など、課題をかかえている方が増えてきているのではないかと感じ、ひとりで抱え込むことのなきよう、また、視野をひろめられるようにと「夏季講座」開催を企画されました。 様々な問題が複雑に絡み合う現社会において、大人も子供も一緒に遊び、元気になっていけたなら。 やっぱり遊ぶって楽しいなぁ、昔こんなことしてたよなぁ~こどもってやっぱりかわいい!! 遊ぶことから新たな一歩が始まるはず!!

教育とは何か?遊びとは何か?大人とは?子供とは?学校とは何か?を根源的に孫泰蔵が20冊の本を読み解きながら考えています。 今、早川たかしが執筆中の新書『大人にこそ必要な遊び力子ども力(仮)』に、この本の考え方を取り入れていこうと考えています。 これから執筆依頼をする先生方には、是非この本を読んでいただきたいと思います。 「私たちはなぜ勉強しなきゃいけないの?」 「好きなことだけしてちゃダメですか?

bottom of page