top of page

“勉強ばかりしてないで、もっと遊びなさい!”テーマのもと、八幡小でPTA主催講演会でした。

ななな・・なんだこのテーマは?びっくりされましたか?テーマのもと、しっかり講演してきました。

 参加されたお母さん、お父さん、先生方はさっそくサソリの標本に声を上げてびっくり仰天!!じゃんけんから大盛り上がり。お話も、微笑みながらたくさんうなずいて耳を傾けてくださいました。皿回しにも挑戦!!リラックスしてくるくるっと回し中級皿に挑戦されるお母さんも。みなさん、子ども力・遊び力ムンムンだったのではないでしょうか?

 後半戦は、子どもたちも遊びに来ました。どの子もみんな皿回しに夢中です。参加された保護者の方が、子どもたちに教える姿も見られました。子ども同士で、どうやってやったん?と教えあったり、いろいろ工夫して遊ぶ姿も。時間が終わっても、まだやりたい~といった雰囲気がただよい、わいわいととても楽しい時間でした。

 震災があってから1か月。被害の少なかった富山市では、すぐに日常に戻りました。そんな中、子どもたちの不安な気持ちは、どこか置き去りにされているように感じます。赤ちゃん返り、イライラ、音への過敏反応、また来るのかなという恐怖。子どもたちの心のケアも必要。でもそこに捕らわれすぎてもいけないのかなと思います。

 こうやって大人が一緒に遊ぶこと。子どもがたくさん遊ぶこと。そのことで、安心感ができたり、気持ちを表現したり、発散出来たり。一緒に遊ぶことで気付くこともある。このことが、子どもたちのケアとなり、これからの備えともなるのではないでしょうか?勉強、習い事に忙しい子供たち。今日は疲れてるかな?よしっ、今日はゆっくり一緒に遊ぼうよ☆そんな日があってもいいかもしれませんね。

 優しくお話してくださった校長先生、教頭先生、よんでいただいたPTAのみなさん、お招きいただきありがとうございました。

 

最新記事

すべて表示

被災地支援ミーティング

1月13日から、乳幼児精神保健学会の先生方とともに、被災地支援 JAIMH被災地委員会の会議を3回おこなってきました。3・11のときに郡山で行ってきた活動を活かし、その時活動してきた仲間の力も借りながら、また今回の被災地域の先生方とも協力しながら、子どもたち、家族のためにどんなことができるか?話し合いを進めております。3回目からは、現地の沼田先生も参加いただいております。 大きな被災地だけでなく、

震災 子どもの不安に気付き、心をケアするには(パンフレット添付)

元旦の能登半島地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。 色々な状況で頑張る大人の中で、子どもたちも様々な不安を感じています。子どもたちの不安に早く気づき、受け止めてあげられるよう、乳幼児保健学会よりパンフレットを作成しました。大人の皆さんも、大変な状況ではありますが、身近な大人が子どもたちのsоsに気付き、安心感を与えてあげていただきたいです。 また、大人とともにボランティア活動に参加し頑張る

bottom of page